「ぱお」って何?

地域生活きたのセンターぱおは、
誰もが地域で暮らすために地域の中で福祉・教育・生活などのことを考え気軽に話し合える場づくりを目指しています。

「ぱお」ってどういう意味?

Personal Action Organizationの頭文字PAO
一人ひとりの活動のための有機的なつながりの中国語で
「包」(パオ):包み込む、インクルージョン(共に生き、共に育つ)
モンゴルの移動居住「パオ」:行動のための家、集う場所

以上の意味を込めて、「ぱお」としました。

「ぱお」の目指すもの

(創立趣意書から抜粋)
「地域」ってなんでしょう。「地域で生活する」とはどういうことでしょうか。
私たちは誰もが「地域」に住んでいます。しかし、「地域で生活していますか?」と聞かれたらなんて答えるでしょう。私たちは「地域」だけで生活しているわけではありませんし、札幌のような大都市では「地域」の捉え方も千差万別です。誰もが安心して暮らせこと、特に子供たちやお年寄り、障害のある人にとって安心して暮らせることを基本に考えると、「スープの冷めない距離」での「地域」の中で支え合う関係が必要だと思います。そういう「地域」の中で、福祉教育、生活等のことを考え、集い、気軽に相談できる場所にしたい。

それが地域生活きたのセンター「ぱお」です。